ニキビの種類について

nikibisyurui
ニキビと一口に言っても実は白黒赤黄紫と5種類あります。
ニキビの種類について説明する前にまずはニキビについて簡単に説明しておきましょう。

ニキビは過剰に皮脂が分泌された結果、毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が皮脂を餌に繁殖することによって炎症を引き起こし発生します。この説明に当てはまるニキビは王道な赤ニキビで、この状態になる前の段階が二つあります。

まず一つ目は白ニキビです。
こちらは毛穴に皮脂が詰まっているだけの状態なので炎症は起こしてはいません。この状態であれば正しく潰して皮脂を取り出してやればアクネ菌も繁殖しないのでニキビは発生しません。
正しく潰せばの話ですがね。皮膚科に行って潰してもらうか専用の道具で潰したほうが無難です。

この白ニキビの皮脂が毛穴に収まりきらなくなり外に飛び出してしまい酸素に触れて風化し、黒くなってしまった物が黒ニキビです。そして、白ニキビにアクネ菌が繁殖し炎症を起こしてとうとうあの赤ニキビになります。

この赤ニキビがさらに悪化し化膿した物が黄ニキビで、こちらは見た感じ白いので何も知らないと白ニキビと勘違いしがちですが、こちらは白ニキビと違い炎症を起こし痛みを感じます。

さらに黄ニキビは赤ニキビと同様に皮脂とアクネ菌が繁殖していますが、こちらには膿と黄色ブドウ球菌も入り込んでいるためかなりひどい状態です。

この状態になると正常な皮膚組織も傷ついているので潰してしまうとかなりの確率で跡が残ってしまいます。跡になりたくなければ皮膚科に行ってください。そして、この黄ニキビがさらに悪化した物が紫ニキビです。

この紫ニキビは皮脂とアクネ菌と黄色ブドウ球菌と膿に加え血が混ざっています。
紫ニキビは皮膚全体に炎症が広がり赤紫色に腫れあがってしまい目も当てられないくらいに酷い状態になってしまい、ここまで来てしまうと正常な皮膚組織は広範囲に渡って傷つけられているため100%跡が残ってしまいます。

ここまで来てしまうと重症の皮膚病なので必ず皮膚科にいってください。
最悪血と膿を抜き出すために皮膚を切る可能性もありますので覚悟しておいてください。

一体なぜこんなに悪化するのかというと、ニキビを汚い手でつぶしたりすることが原因だったり何もケアをしないということも原因になりうるので、紫ニキビまでいかないようにニキビはつぶさずに正しくケアを行ってください。

そもそもニキビ自体が皮膚病なので、みんなできているからと甘く見ていると自分だけ悪化して皮膚を切開するような羽目になる可能性だってありますから赤ニキビができた時点で皮膚科に行った方が良いですよ。

ニキビの種類以外にも、ニキビができる場所にも色々あります。オーソドックスなのが顔です。これもアゴ周りや鼻にできるなどパーツごとにも原因や治し方にも違いがでてきます。

その他には、体の背中、お尻、胸など部位によってニキビができることもあります。これも皮脂の詰まりや生活習慣などが影響してきます。改善策も部位によって様々です。背中ならば、専用の背中ニキビ治し方を調べなければなりませんし、お尻や胸などにも改善方法に違いがでてくるでしょう。

顔や背中ニキビなど、治し方の共通点といえばやはり生活習慣の改善や保湿などのスキンケアになります。栄養ある食事や十分な睡眠を心がけ、その部位や箇所にあった保湿スキンケアをすることが改善への近道になることは間違いありません。